光をめざして

旦那さんのこと、旦那さんへの思い、子どもたちのこと

久しぶりに妹が、姪っ子を連れて遊びにきてくれた


片道2時間かかるから、そう頻繁には会えないけど、私が一番助けられている存在


あの日から毎日のように話をして、時間があれば会いに来てくれて


最近は忙しいようで、私も落ち着いてきたこともありなかなか連絡してなかったけど

久しぶりに会いに来てくれた


やっぱり楽だなって

パパのことも、子供のことも

何の迷いもなく、今私が思っていることを

素直に口に出すことができる


躊躇することなく、私が話したいことを

一方的に話できる


もちろん真剣に聞いてくれるけど、

時々聞いているようで聞いてなかったり


逆に悩み相談や愚痴をこぼされたり


そんな気を使わない関係が心地よい



妹は妹で大変そうだけど、

それぞれ悩みを抱えながら、

話を聞いたり、聞いてもらったり


私が明るくいられる存在だ



明日はお友達のママ達とご飯に行く


美味しいもの食べたいし、子供の話もしたい


気心知れてる人達だから、多分楽しく

笑って過ごせるだろう



でも私はその後の、虚しさを知っているから


楽しく過ごせた分、その後の気持ちの反動があることを知っているから



皆、同じように笑って楽しんで、食事をして、

平等に幸せな時間を過ごしているようでも

私は違う


いつからかこんな諦めのような感情が

生まれてきた


皆とは違うんだって



だけどそんな気持ちを、皆に、誰かに

打ち明けることはできない


妹以外には


妹がいてくれて良かった




皆とは違うと分かってしまったぶん

皆とは同じようにはいられない


今までみたいな私ではダメだ



早く自分に自信を持って、

自分の足で人生を歩きだしていきたい

願い

生きててほしかった


今でもなんでこんなことがって

ずっと思っている


あんなに元気で、逞しくて、やる気があって

今を楽しんでいて

将来も楽しみだったのに


こんな人が突然に、簡単に、

いなくなるなんて、信じられない



きっとずっと、なんでなんでって

信じられなくて、諦めきれないまま

私は過ごしていくんだろう



彼だって、何が起こったのか

分からなかったはず


まさか、自分が死んでしまうなんて



彼の気持ちを思うと、やりきれない


どんな思いで死んだ自分と、私達を見ていたかな


この部分を考えるとまたどうしようもなく

絶望的になってしまう



生きててほしかった


もっと家族でいたかったし、仕事もしていてほしい、美味しいもの食べて、大好きなお酒を飲んで、いっぱい笑っていてほしかった


苦労も苦労だと思わない人だから

どんな困難も乗り越えられる人だから


もっともっと人生を長く





私が寂しいとか

子供たちがかわいそうとかの前に、



彼には生きててほしかった





もう二度と、私達の一番の

願いが叶わないのなら



あっちにいってしまった彼の、

一番の願いを叶えてあげてください

これからも

毎日、毎日、不安定な感情を抱えながら過ごしている


いつ崩れてもおかしくない状況だ


その立場になって初めて分かること



突然いなくなった哀しみと、寂しさ

もっとこうすれば良かったと後悔

この先への不安と絶望

子供たちへの責任


毎日、それぞれの感情を抱えながらなんとか

普通にいられるように過ごしている


周りにはあまり弱さを見せられない


お父さんがいなくなったから

あんなふうになってしまったって思われたくないから


不幸な人にはなれないし、ならない


子供たちをそんな風に思われたくない


今まで通りに変わらずに。



その強がりだけで

なんとか気持ちを奮い立たせている



そんな私の姿を見て、周りはもう乗り越えたって思うのかな?

案外、元気そうだなって思うのかな?


そんなことはないのに、そう思われるのもしゃくだけど、不幸な人とも思われたくない


何よりもパパが一番悲しむから

俺のせいだと責めるだろうから


だから何も変わらないし、変えない


変わらずここで、頑張る


パパと過ごした日々がなくならないよう

ここで変わらず過ごしていく



顔で笑って、心で泣いて…だね。